自分で盗聴器を見つける方法

発見業者に頼らず、自分で盗聴器を見つけたいという方も結構いらっしゃると思います。
自分で盗聴器を見つける方法で、もっとも簡単なのが、「目視」です。

この目視による盗聴器を見つける方法は、盗聴器が仕掛けられている可能性が高い場所を虱潰し探すといった方法です。

そのため、巧妙に隠されていたり、電子機器などの精密機械のなかに取り付けられている盗聴器は、見つけることができません。

そのため、自分で盗聴器を見つけようとする場合、
目視だけでなく、盗聴器発見器を使って探そうとする方が結構います。

しかし、盗聴器発見調査に使う機材というのは、まったく知識の無い人が使うには、難しいと感じます。

スイッチを入れたら、すぐ発見」とはいきません。

もっとも、盗聴器発見器として普及しているハンディタイプでも、盗聴器が発信している周波数に対応したものでないと、そもそも盗聴器を見つけることができません。

そして、この周波数も盗聴器が発信しているものなのか、それともテレビや携帯電話など、
盗聴器以外の機器が発信している周波数なのか判別することが難しいと思います。

そのため、自分で盗聴器を見つけるには、盗聴についての知識を持つことが大事です。

自分で盗聴器を見つけるのに不安がある、または、盗聴についての知識を調べる時間もあまり無いという方は、無理せずに盗聴器発見業者へ依頼したほうが、盗聴器が見つかる可能性は高くなります。

ラジオやスマホで盗聴器を発見できる?

身近なもので盗聴器発見ができるとしたら、やってみたくなりますよね。「FMラジオを持っていれば、自分で盗聴器を発見することができる。」また、「スマホでアプリを入れれば盗聴器を発見することができる。」
ウソか本当かわからない話だと思いませんか?


このFMラジオとスマホで本当に盗聴器を発見することはできるのかについて、わかりやすく解説します。

どうしてFMラジオで盗聴器発見できるといわれているのか?

盗聴器ごとに盗聴電波の設定周波数が異なり、FMラジオで受信できる周波数帯に設定されている周波数のものが使われていが設置されていれば、FMラジオで盗聴電波を拾うことができるので、盗聴器を発見することができるのです。

但し、FMラジオで受信できる周波数帯は幅が狭く、ごくごく一部の盗聴器にしか対応できません。 盗聴器に使われている周波数は、盗聴6波と呼ばれ、UHF帯・VHF帯それぞれ3波の通常FMラジオでは受信できない周波数が設定されているものが多く流通しています。

また、盗聴している音が他の人に傍受されないように、盗聴波にスクランブルのかかっているものや、オンオフを盗聴している人物がリモコンで操作できるものなど、様々あります。

FMラジオで盗聴電波を受信して発見することができるのは、世の中に出回っている盗聴器のごくごく一部。 全ての盗聴器に対応した発見方法ではないということを知っておきましょう。

スマホで盗聴器発見って本当にできるの?

スマホの便利なところは、アプリをダウンロードして、様々な付加機能をスマホに入れられるところですよね?

ゲームも防犯カメラ機能も、GPSもついていて、友人の居場所をみつけることすら可能です。だとしたら、盗聴器発見のアプリがあれば、スマホで盗聴器を発見することも可能なんじゃないの?と考える人もいるかもしれません。 スマホで盗聴器発見は…できません。

スマホの基本スペック越えた機能の要求には、さすがにこたえることは出来ません。


スマホの基本的な機能、それは通信です。 その通信に必要な周波数帯と、盗聴器に使用されている周波数帯は大きな隔たりがあるからです。

もしも、アプリを落とすことで盗聴器の発見ができると謳ってるアプリがあるとしたら、
それは【まゆつば】ものだと考えたほうがいいでしょう。

ページの先頭へ