盗聴を防止する

盗聴を防止するには、一体どんな対策を立てることが必要なのでしょう。

そもそも盗聴を行うためには、盗聴したい場所に盗聴器を仕掛ける必要性があります。そのためには、盗聴したい場所に一度行くか、盗聴器を仕込んだ「何か」をその部屋に置く必要があります。
そう考えた場合、盗聴を防止するために必要な対策は、必然的に3つに絞られてきます。

・他人を部屋に上げない。

・人からものを貰わない。

・防犯対策を強固なものにする。

たとえ友人であっても、恋人であっても「むやみに部屋に人を上げない」ことが盗聴を防止するには一番。
誕生日プレゼントやクリスマスプレゼント、お土産などなど、盗聴器のはいるスペースのあるものは、なに一つ貰わない。そうすれば、盗聴を防止することはできます。しかしそんなことをしていたら、友人関係を構築することすらできないでしょうし、恋人もできません。
友人知人以外で盗聴器を仕掛ける事が考えられるのは、泥棒やストーカー。この場合、住まいの防犯対策をしっかりすることで、盗聴を防ぐことができそうです。

しかし、盗聴を防止するために人生を棒にふってしまっては何の意味もありません。防犯対策は防犯面からも役立つので良いとしても、人付き合いを犠牲にせずに盗聴を防止しようと考るのなら、盗聴器発見調査を自身で定期的に行うか、また業者に定期的に調査を行ってもらうことで、盗聴の被害を最小限に抑えることができそうです。

もしも部屋に買った覚えのないものがあったら?盗聴器が入っているかも。と疑ってみることが盗聴を防止する第一歩と考えましょう。



ページの先頭へ